【お取り寄せ】至福の一粒を楽しもう♪フランスの老舗チョコレートブランド「ラ・メゾン・ドゥショコラ」のチョコを食べてみた★

ラ・メゾン・ドゥショコラ
スポンサーリンク
PR

バレンタインにもホワイトデーにも自分へのご褒美にも♪フランスの老舗チョコブランド「ラ・メゾン・ドゥショコラ」

もぐぞうくんセリフ

チョコが美味しい季節といえば…全部の季節だけど、特に秋と冬が美味しいよね〜
2月はバレンタイン、3月はホワイトデーと、この時期は何かとチョコレートを摂取(またはプレゼント)するシーズンでもあるよね★
先日はおしゃれ全開なホットチョコレートを紹介したけど、今回はおフランスの高級チョコラ・メゾン・デュ・ショコラをお取り寄せしてみたので、食レポしていくよ!

「ラ・メゾン・ドゥショコラ」について

1977年、ロベール・ランクスさんが創立したのがはじまり♪
当時砂糖と生クリームをふんだんに使ったチョコレートが主流だった中、過度に生クリームと砂糖を使わずに繊細な味わいを追求したんだって!
さらに、それまでは珍しかった「チョコレート専門店」をロベールさんが作ったことにより、パリのフォーブルはチョコのメッカになった、と公式にかかれているよ★
現在チョコを作っている職人さんたちもすごくて、フランス国家最優秀職人章ショコラティエ部門の称号をもつパティシエのニコラ・クロワゾーさんと35人の職人たちの手で日々この素敵なチョコたちが生み出されているんだって!
作っている人も一流だけど、もちろん材料にもこだわっていて、カカオ豆は生産者が辿れるフェアトレードのものを使っていると書かれているよ★

頼んでみた!

ラ・メゾン・ドゥショコラ 箱
ラ・メゾン・ドゥショコラ 箱

もぐぞうくんセリフ

実際にお取り寄せしてみたよ★
チョコレートが溶けないように、冷蔵でお届けされたよ♪
箱は割れたりしないように、しっかり外箱に固定されているよ!
赤い箱の方がオランジェット50G(¥2,808)大きめの箱の方がアソルティモン メゾン S1(¥7,560)

「ラ・メゾン・ドゥショコラ」

箱は表面が皮っぽい雰囲気のちょっとざらっとしたさわり心地★
見ているだけで漂う特別感と高級感…。
リボンは後ろにゴムが入っているので、一度開けてもお弁当箱みたいに再度閉じられるようになってるよ♪
ちょっとずつ食べたいお友達にも安心な構造だね!

オランジェット50G

「ラ・メゾン・ドゥショコラ」 オランジェット50G
「ラ・メゾン・ドゥショコラ」 オランジェット50G

もぐぞうくんセリフ

まずは、赤い箱の方。オレンジとチョコって相性いいよね…と思って購入した一品!
写真だと分かりづらいけど、だいたい人間の手のひらくらい?の小ぶりな箱。

肝心の中身だけど、オレンジピールにチョコをコーティングしてあるよ!
オレンジピールはじっくり砂糖で煮込んだ柔らかくて癖のない上品な味!
パリっとしたチョコのコーティングと、硬めのゼリーのような中の食感がうまくマッチしていて、ワクワクしちゃう感じ★
紅茶に合いそうだよ!

公式サイトの説明

時間をかけてゆっくり砂糖漬けした柔らかなオレンジピールをパリッとした食感のダークチョコレートの薄い膜が優雅に包み込むオランジェット。
苦味と甘味が混ざり合う伝統的なコンフィズリーの満足感は無限大。

アソルティモン メゾン S1

ラ・メゾン・ドゥショコラ

もぐぞうくんセリフ

続いて、アソルティモン メゾン S1。
小ぶりなチョコたちが綺麗に並べられている様は、圧巻!チョコの宝石箱みたい!!
チョコの宝石箱や〜〜★
味がわかりやすいように、一つずつ見た目が違っているのもコレクター心をくすぐってくるよ♪
大きさは一個当たり指二関節分くらいだから、一個あたりほぼ一口二口で食べられちゃうサイズ!
うっかり食べすぎないように気をつけないとだね★

公式サイトの説明

ダークやミルクのさまざまなガナッシュとプラリネを箱に収めたラ・メゾン・デュ・ショコラの代表的な詰合せ。

アソルティモン メゾン S1 説明
アソルティモン メゾン S1

どれがそどんなチョコなのかわからない…というお友達のために、箱の中にはちゃんと味の説明書が入っているよ!
2つずつ違う味なので、好きな味を探すワクワク感も味わえるよ♪
1人じゃなくて複数人で食べるのもおすすめ★

全12種類あるので、1個ずつ食べた感想も載せていくよ♪

ボエーム(左上)

プレーンなガナッシュムース
甘いミルクチョコにこれまた甘いミルクガナッシュムースの入った一品。
同じくミルクガナッシュのシルビアとの違いは、中に入っているミルクガナッシュがムースになっているかどうかみたい!
こちらはムース独特のフワッとした食感がポイント★
フワッとしてるせいか、シルビアよりも、甘みが増して感じられるよ!

アナスタジア(左中央)

ヘーゼルナッツのジャンデュシャを混ぜ合わせたダークプラリネ。
香ばしいヘーゼルナッツと、ダークチョコの組み合わせ。
食感は、ムース系や柔らかめのチョコに比べて、しっかりした食感。
甘すぎるチョコは苦手って人にはちょうど良さそう!

シルビア(左下)

プレーンなミルクガナッシュ。
中は少し柔らかいミルクガナッシュが入っているよ!
口の中に入れた途端、フワーっと消えていく不思議な食感!
ミルクチョコだから結構甘いんだけど、後味が全然しつこくなくて、いくらでも食べられちゃいそう…!

ロシェノアール(左から二番目一番上)

ローストしたアーモンド、ヘーゼルナッツが入ったチョコ!
サッと溶けるチョコの合間からサクサクとしたナッツがいいアクセントになってるよ!

アンダルシア(左から二番目中央)

南仏産レモンを用いたダークガナッシュ
甘みを抑えつつ、噛んだ瞬間にレモンの爽やかな風味とほのかな酸味が広がるよ!
柑橘系チョコが好きな人におすすめ!

アコソンボ(左から二番目下)

コーティングしてあるチョコと中のチョコの柔らかさの兼ね合いか、他のチョコに比べてコーティングがポロポロ落ちやすいので注意!味はガーナ産のカカオの力強くスパイシーな味わい、と書いてある通り、カカオみをしっかり感じられる味わいだよ!
気持ちダークチョコレート気味のあじかも?

グワヤキル(右から二番目上)

ブルボンバニラ風味のダークガナッシュ。
甘いんだけど、後味がすごい爽やか。

ジョリカ(右から二番目中央)

ダークチョコレートでコーティングしたピスタチオペースト。
一口食べると、中から出てくるのは鮮やかな緑!
ちょっとざらっとした舌触りで、味は違うけどずんだっぽい感じ♪
ピスタチオとチョコが良い感じにマッチしてて、ピスタチオ好きになたまらない一品!

サルバドール(右から二番目下)

フランボワーズ風味のダークガナッシュ
レモンとはまた違った程よい木苺の酸味が効いているよ!
ダークガナッシュとはいえ、苦味よりもフランボワーズの主張が凄い!

ロシェレ(右上)

ローストしたアーモンド入りのアーモンド&ヘーゼルナッツのミルクプラリネ
アーモンドとヘーゼルナッツの食感が楽しい、甘めで香ばしい一品!
もぐぞうくんは今回の箱の中ではこれが一番好きかも♪
カラメルが入ってるのか、結構甘味が強いのとナッツとは違うパリパリ食感が癖になりそう★

キト(右中央)

まろやかで滑らかなダークガナッシュ
口溶けがまろやかで、甘すぎないガナッシュ★
この箱のチョコの中では、一番プレーンな味かも?甘すぎないチョコが好きな人は、この味がおすすめ♪

キャラメロ(右下)

キャラメル風味のミルクガナッシュ
上に乗ってる粒は、お砂糖だよ!
中は柔らかめのキャラメル味ガナッシュ!
全体的に言えるけど、口当たりはまろやかで、甘いのに後味がひかないのが不思議♪
ただ、がっつりキャラメル味なので、どちらかというと甘いのが好きな人におすすめだよ★

全体的に、「ラ・メゾン・ドゥショコラ」のチョコは濃厚!繊細!という感じだったよ!
プレゼントやご褒美チョコに最適★
気になった人はぜひ公式サイトを見てみてね♪

本気のパティシエチョコ度:★★★

【公式オンラインサイト】ラ・メゾン・デュ・ショコラ

もぐぞうくん

【もぐぞうくんプロフィール】

もぐらに限りなく似た地球外生命体。
美味しいものを探していたら、地球にたどり着いた。
食に対してはやたら貪欲。食べること以外にはあまり興味が無い。
「もぐ」しかしゃべれないので、翻訳が必要。

スポンサーリンク
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PR